「実践的な知恵」中高校生向け参考書

実践的な知恵を構成する情報判断力、問題解決力、情報発信力、統率・協調力に関する参考書をご紹介します。中学生、高校生から読めるレベルの本を集めて見ましたが、大人が読んでも楽しめると思います。

情報判断力

情報を判断するには、その情報が何を主張しているのか、どのような根拠(証拠)で主張が成り立っているのかを、一歩立ち止まって考え、どのような立場の人が、何の目的で、情報を発信したのか、判断する思考動作が必要です。同時に、その情報に対して、自分はどう反応すればよいか、判断するための軸を持っておくことが、情報に流されないためには、大切です。

考える、とはどういうことか、手探りしている人の手引書

SNS時代など、情報を鵜呑みにしないために“一歩立ち止まって考える”ためのヒントが得られます

情報判断力はニュースやノン・フィクションだけでなく、物語や絵画、演劇や音楽のような芸術・創作物を体験することで鍛えられます。これは同時に情報発信力や問題解決力にも効くので、ぜひ、たくさん触れてほしいです

 

世界がもし100人の村だったら」 のもとになった調査レポートを執筆した人によるシステム思考への導入書です。世の中には「1+1=2」では説明できないことがたくさんあるし、世界は複雑に絡み合って存在しています。それを事例を用いながら分かり易い言葉で解説しています。

中学生・高校生の皆さんには、ぜひ「ちきりんの日記」を読んで頂きたいです。情報判断力には、情報の内容を吟味するだけでなく、その情報を自分はどう活かすか、という軸をもつ、という能力も必要です。ちきりんは、そのヒントをたくさんくれる謎の社会派ブロガーです。

 

問題解決力

問題解決力は、まだ気づかれていない課題を発見し、自ら問いを設計して、問題を解いていく際に必要となる能力です。問題へのアプローチは、ある日、山奥の温泉に浸かりながら突然閃くものではなく、科学的な思考法や人が陥り易い心理的なコンセプトなどを理解すること、論理学のエッセンスを応用することで身につけられます。

手っ取り早い問題発見、分解法に関する本です。書いた人は世界的なコンサルティング会社マッキンゼーの元コンサルタントで、新入社員はこれと似たようなトレーニングを受けます(笑)

 

世界的なデザイン・コンサルティング会社IDEOの創立者兄弟によってかかれたデザイン思考の入門書です

ある現象について観察し、考察し、仮説を検証していく研究者達の試行錯誤と探究の面白さについてまとめられた本。ちなみにまだ未解決なので、ぜひご自身でも原因について考えてみてください

 

情報発信力

情報発信には、文章を書く、スピーチを行なう、といった文章と口語に表現、さらには言葉ではなく、表情で相手に自分の感情を伝える、といった様々な表現方法が存在します。また、伝え方も論文、雑誌などへの記事寄稿から、プレゼンテーション、絵画、映像、演劇などさまざまな場を設計することができます。自分の考えを相手に伝える際、どのような対話を設計すべきか、考えることが大切です。

 

作文が苦手だ、という人に先ず手に取ってもらいたい本。

超人気社会派ブロガー“ちきりん”さんが自分のブログをどのような仕組みで運営しているか解説した本

 

統率・協調力

情報発信力が自分の考えをどのように表現するのか、という点にフォーカスしているのに対し、統率・協調力は「人とどのように関わるか」という相互交流における効果的なコンセプトを取り扱っています。

 

世界一オシャレなリーダーシップ本。世界的な広告代理店を率いるKevin Robertsによる“抵抗できない”魅力をもった人になるためのヒントを集めた本

インドで眼科を営むある病院には他にはない秘密がある。そこには慈悲とビジネスを結ぶ奇跡が存在する