「実践的な知恵」ー大学生・社会人向け参考書

こちらでは、大学生以上の方向けの実践的な知恵ー「情報判断力」、「創造的思考力」、「情報発信力」、「統率/協調力」を養う上での参考書をご紹介します。

情報判断力

「ファスト&スロー」(ダニエル・カーネマン)

行動経済学分野の功績で2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士の代表作。直感と論理的に判断する力、ヒューリスティクスや先入観など、高度情報化社会において思考・コミュニケーションにおいて役立つヒントが得られます。

「Think Right」(ロルフ・ドベリ)

「先入観」の事例を豊富に、分かりやすく分類、解説している本です。52個もパターンがあるのか…と暗い気持ちになりがちですが、一つ一つに事例と簡単な解説があり、辞書的に使うと良いでしょう

「疑似科学入門」(池内 了)
科学的に見せかけて、根拠の無い主張を拡散することを“疑似科学”といいますが、そのパターンについてわかりやすく解説した本です。宗教や健康、地球温暖化に関するものまで、幅広くカバーできるのも良いです。

「統計学が最強の学問である」(西内  啓)

データサイエンスがあらゆる業務に実装されるようになった現在の社会では統計学の基礎知識を無く情報判断を行なうのはできる範囲の努力を怠って意思決定を行なうことを意味します。基礎的な統計学の知識について分かり易く書かれた本です。

「考える技術・書く技術」(バーバラ・ミント)

演繹法と帰納法について理解し、ビジネスレポートや問題の分析について、自分の思考を整理するための書き方のヒントが得られます。

「世界はシステムで動く」(ドネラ・H・メドウズ)
問題解決の手法には、大きな問いをより小さな問いに分解して解いていけば、大きな問題の解決につながる、という分解・還元論的なアプローチと、複雑な問題を各構成要素の繋がりをモデルを構築して分析する「システム・ダイナミクス」という手法があります。本書は、後者の考え方について解説したもので、従来は難しかった大量のデータを用いたシミュレーションが可能なった現代社会を理解する上で、必須の教養であると言えます。

「学習する組織」(ピーター・センゲ)
「システム・ダイナミクス」が複雑な世界を大量のデータ解析を用いて「世界の繋がり」を解明しようとする学問であるのに対し、センゲは、“我々はコンピューターに計算能力では太刀打ちできない。しかし、計算された結果が、そもそも適切な問いに基づいているのか、間違っている可能性について検証する術を持つことはできるのではないか”という問いに基づき、システムを解明しようとする者が学習者として持つべき心構えについて一つの学派を創った、と言えます。「システム思考」は複雑系システムを解明しようとする人にとって必須の教養でしょう。

「確率思考」(アニー・デューク)

意思決定の質と結果の質を同一視せず、不確実性を表現することで、より賢明な判断を導けるのではないか? 著者は、様々な先入観や主観的な発想に気づき、経験を学習に変換するための処方箋について思索している。

「シナリオ・プランニング」(キース・ヴァン・デル・ハイデン)
中長期のシナリオや意思決定ツリーなどの選択肢を作成する上でヒントとなる考え方が学べる本です。

「オブジェクティブ&ゴール」(山崎 康司)
問題の分析におけるギャップ分析や課題(あるべき姿)から現状を見つめ、差異を行動できる形に整理していく方法について書かれた本です。

 

創造的思考力

「Q思考」( ウォーレン・バーカー)
問題を発見し、解法を設計し、対立を調整することは、いま、求められている人の仕事の基盤ですが、多くの人が問題を発見するための良質な問いのたて方について知りません。この本は、創造的思考の101(最初に取り組むべき入門書)として適切です

「クリエイティブ・マインドセット」(トム・ケリー、デイビッド・ケリー)
IDEOの設立者であるケリー兄弟による、デザイン思考に関する入門書です。

「イノベーションのDNA」(クレイトン・クリステンセン他)
成功した企業が「正解」を求めるがゆえに、根本的な競争優位を覆すようなイノベーションを生み出せないことを示した経営戦略の名著「イノベーションのジレンマ」を書いたクリステンセンが、米国中のイノベーターに共通する資質や思考パターンを調べた報告書です。

「コップって何だっけ?」(佐藤オオキ)
「はこははこ?」が子供っぽすぎて…という人にはミラノサローネなどで話題のデザイナーが書いた発想を解放する本書なら良いかもしれません。

「直感と論理をつなぐ思考法」(佐宗  邦威)
創造的問題解決のテクニックであるアナロジー、逆転思考、デザイン思考、創造的ヒューリスティクスを実行する上での手順が書かれた本です。

「考具」(加藤 昌治)
創造的ヒューリスティクスのヒントが詰まった一冊です。

 

「問題解決のジレンマ」(細谷 功)

「無知の知」を自覚し、これを構造的に理解するためのフレームワークを導くことに挑戦している良書です。そういう意味では、サブタイトルの“無知の力”の方がメインタイトルよりも内容を的確に表しています。

 

「料理の四面体」(玉村豊男)
“抽象化”という考え方を理解したい人にとって参考になります。全ての料理は4つの要素の組み合わせである、という大胆な解説です。同意する、しないよりも、その着想と考え方が参考になります

 

情報発信力

「巨大な夢をかなえる方法ー世界を変えた12人の卒業式スピーチ」
(ジェフ・ベゾス他)
良いスピーチをしたければ、先ずはそういうスピーチをしている人達の話を聞いてみることから始めると良いでしょう。本書に収録されているもの以外でも山本が独自に選出した傑作スピーチも合わせてご参考ください。

「WHYから始めよ!」(サイモン・シネック)
優れたリーダーに共通するスピーチの構成(Why→How→Whatの順)について分析
した本。単純でありながら、納得感のある良書です。

「イン・ザ・ミドル」(ナンシー・アトウェル)
書き方、読み方の授業についての教育者向けの解説書ですが、学ぶ側が読んでもとても参考になります。巻末の参考文献リストもいいです。

「CLEAR and to THE  POINT」(S. Kosslyn)
ミネルバ大学の初代学長コスリン教授がハーバード大学時代に書いたプレゼンテーション・ソフトを利用するときの表現で留意すべき8つの点について、認知科学の観点から解説した本。英語ですが、図例が多く、分かり易いです。

「マッキンゼー流  図解の技術」(ジーン・セズラニー)
コンサルティング会社で使われる、分かり易い解説図はどのような着眼点で導かれるのか解説した本です。現在では、THINKCellTableauのような分かり易いチャート・テンプレートもありますが、どのような用途でどのグラフやチャートを選択すれば良いのか、学べるようになっています。

「わかりあえないことから」(平田 オリザ)
対話の設計、という視点を考える時に役に立ちます。作者の平田さんは演出家で、演劇をとおしてコミュニケーション能力を磨くワークショップを数多く手がけておられる方です。

 

統率/協調力

「WHO YOU ARE」(ベン・ホロウィッツ)
HARD THINGS」では、生々しい経営者の状況判断について書いたホロウィッツが企業文化を創るための方法について、歴史上の支配者達の方法と彼が出会った様々な経営者達の葛藤を事例として書かれた本。企業文化の大切さについては、「ビジョナリー・カンパニー」よりこちらの方が、読み易いかもしれない。

 

「奇跡の会社」(クリステン・ハディード)
清掃業界という3K職場で、成績優秀な学生のみを雇用する、というビジネスモデルで成功している会社の社長による起業から現在に至るまでの失敗を通して学んだリーダーシップ、企業文化を創る重要性について学べています。

「NEW POWER」(J.ハイマンズ、H.ティムズ)
旧来型の、雇用者と従業員の関係を軸とした、大企業を頂点とする社会経済からソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用したコミュニティから利益を生み出す、新しいビジネス・モデルについて解説した本です。コミュニティのヒエラルキーやバランスをどのようにコントロールするのか、という視点で注目に値します。

「The Mind and Heart of the Negotiator」(L.L.Thompson)
翻訳されていませんが、第4版まで出ている海外大学で使われている「交渉の教科書」です。“一般的に上手くいくとされているが、実際には上手くいかないもの”、“一般に上手くいかないとされているが、実際には上手くいくもの”など示唆に富んだ解説があります

「ハーバード流NOと言わせない交渉術」(ウィリアム・ユーリー)
Best Alternative To Negotiated Agreement(BATNA:交渉する価値の是非を判断する基準)について分析した本です。

あの人はなぜウンと言わないのか」(ロバート・キーガン他)
組織内のコミュニケーションを円滑に進めるためには、先ず自分が変わる必要がある。そのためのステップについて、研修をそのまま本に落とした良書です。

「これからの「正義」の話をしよう」(マイケル・サンデル)
倫理ジレンマと社会的責任について深掘りする際に有効な本です。

「捏造の科学者」(須田桃子)
STAP細胞を巡る不正研究に関する調査報道を纏めた本です。科学者としての考え方の訓練を受けず、研究に没頭すること、プレゼンテーションのうまさによって周囲の感心を獲得した小保方氏、組織構造、組織力学の面から、“防げるはずの不正・不備”が見逃された事例として学べる点が多いです。

「反転ー闇社会の守護神と呼ばれて」(田中森一)
元特捜部の凄腕検事がなぜ、バブル期に暗躍した政商や非合法組織を弁護する側に回ったのか。検察に対する告発書的な意味合いを持つ本書を執筆してほどなく、詐欺事件の共犯者として逮捕され、獄中で癌、出所後程なく他界した筆者。一人の人間の転落の話として読むか、倫理的対立に翻弄された人間のドキュメンタリーとして読むか…