「実践的な知恵」ー大学生・社会人向け参考書

こちらでは、大学生以上の方向けの実践的な知恵ー「情報判断力」、「創造的思考力」、「情報発信力」、「統率/協調力」を養う上での参考書をご紹介します。

情報判断力

「ファスト&スロー」(ダニエル・カーネマン)

行動経済学分野の功績で2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士の代表作。直感と論理的に判断する力、ヒューリスティクスや先入観など、高度情報化社会において思考・コミュニケーションにおいて役立つヒントが得られます。

「なぜ、間違えたのか?」(ロルフ・ドベリ)

「先入観」の事例を豊富に、分かりやすく分類、解説している本です。52個もパターンがあるのか…と暗い気持ちになりがちですが、一つ一つに事例と簡単な解説があり、辞書的に使うと良いでしょう

「統計学が最強の学問である」(西内  啓)

データサイエンスがあらゆる業務に実装されるようになった現在の社会では統計学の基礎知識を無く情報判断を行なうのはできる範囲の努力を怠って意思決定を行なうことを意味します。基礎的な統計学の知識について分かり易く書かれた本です。

「考える技術・書く技術」(バーバラ・ミント)

演繹法と帰納法について理解し、ビジネスレポートや問題の分析について、自分の思考を整理するための書き方のヒントが得られます。

「学習する組織」(ピーター・センゲ)
複雑系を理解するための重要なツールの一つである「システム思考」について書かれた本。易しくはないですが、複雑系の概念を経営に応用する際の基本的な考え方が理解できます。

「シナリオ・プランニング」(キース・ヴァン・デル・ハイデン)
中長期のシナリオや意思決定ツリーなどの選択肢を作成する上でヒントとなる考え方が学べる本です。

「オブジェクティブ&ゴール」(山崎 康司)
問題の分析におけるギャップ分析や課題(あるべき姿)から現状を見つめ、差異を行動できる形に整理していく方法について書かれた本です。

 

創造的思考力

「Q思考」( ウォーレン・バーカー)
問題を発見し、解法を設計し、対立を調整することは、いま、求められている人の仕事の基盤ですが、多くの人が問題を発見するための良質な問いのたて方について知りません。この本は、創造的思考の101(最初に取り組むべき入門書)として適切です

「クリエイティブ・マインドセット」(トム・ケリー、デイビッド・ケリー)
IDEOの設立者であるケリー兄弟による、デザイン思考に関する入門書です。

「直感と論理をつなぐ思考法」(佐宗  邦威)
創造的問題解決のテクニックであるアナロジー、逆転思考、デザイン思考、創造的ヒューリスティクスを実行する上での手順が書かれた本です。

「考具」(加藤 昌治)
創造的ヒューリスティクスのヒントが詰まった一冊です。

「知ってるつもりー無知の科学」(S. スローマン、P.ファーンバック)
問題解決力を高めるには、確証バイアスや「自分は専門家である」という先入観を意図的に取り払い、「無知の知」を自覚できるマインドセットを習慣化できることが大切です。

 

情報発信力

「WHYから始めよ!」(サイモン・シネック)
優れたリーダーに共通するスピーチの構成(Why→How→Whatの順)について分析
した本。単純でありながら、納得感のある良書です。

「マッキンゼー流  図解の技術」(ジーン・セズラニー)
コンサルティング会社で使われる、分かり易い解説図はどのような着眼点で導かれるのか解説した本です。現在では、THINKCellTableauのような分かり易いチャート・テンプレートもありますが、どのような用途でどのグラフやチャートを選択すれば良いのか、学べるようになっています。

「わかりあえないことから」(平田 オリザ)
対話の設計、という視点を考える時に役に立ちます。作者の平田さんは演出家で、演劇をとおしてコミュニケーション能力を磨くワークショップを数多く手がけておられる方です。

 

統率/協調力

「奇跡の会社」(クリステン・ハディード)
清掃業界という3K職場で、成績優秀な学生のみを雇用する、というビジネスモデルで成功している会社の社長による起業から現在に至るまでの失敗を通して学んだリーダーシップ、企業文化を創る重要性について学べています。

「NEW POWER」(J.ハイマンズ、H.ティムズ)
旧来型の、雇用者と従業員の関係を軸とした、大企業を頂点とする社会経済からソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用したコミュニティから利益を生み出す、新しいビジネス・モデルについて解説した本です。コミュニティのヒエラルキーやバランスをどのようにコントロールするのか、という視点で注目に値します。

「ハーバード流NOと言わせない交渉術」(ウィリアム・ユーリー)
Best Alternative To Negotiated Agreement(BATNA:交渉する価値の是非を判断する基準)について分析した本です。

「これからの「正義」の話をしよう」(マイケル・サンデル)
倫理ジレンマと社会的責任について深掘りする際に有効な本です。